MENU

日本再興戦略

0
588
0
『日本再興戦略』 落合 陽一 著、箕輪厚介 編集 幻冬舎  (2018/1/31)   「情熱大陸」出演で大反響! 落合陽一の最新作! 【本書概要】 AI、ブロックチェーンなどテクノロジーの進化、少子高齢化、人口減少などにより、世界と日本が大きく変わりつつある。 今後、世界の中で日本が再興するにはどんな戦略が必要なのか。 テクノロジー、政治、経済、外交、教育、リーダーなどの切り口から日本 […]
Read More ›

お金2.0 新しい経済のルールと生き方

0
942
2
『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』 佐藤 航陽 著、箕輪厚介 編集 幻冬舎  (2017/11/30)   【発売前重版決定!話題沸騰】 仮想通貨、フィンテック、シェアリングエコノミー、評論経済。 「新しい経済」を私たちはどう生きるか。 メタップス創業者が明かす、資本主義の先の世界。 〈資本主義を革命的に書き換える「お金2.0」とは何か〉 2.0のサービスは、概念そのものを作り出 […]
Read More ›

己を、奮い立たせる言葉。

0
792
0
『己を、奮い立たせる言葉。』 岸 勇希 著、箕輪厚介 編集 幻冬舎 (2017/10/28)   電通史上最年少で、エグゼグティブ・クリエーティブ・ディレクターになった 鬼才が放つ思考の技術集。 本書は、 あらゆる無理難題を解決し、 広告業界の新しい地平を切り拓いて来た岸勇希の 「思考の試行錯誤」の記録です。 プレゼン8年間無敗の極意がここにある。  
Read More ›

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書

0
820
0
『モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書』 尾原 和啓 著、箕輪厚介 編集 幻冬舎(2017/9/28)   テクノロジーの進化がもたらす未来の形と、 それに伴う人間の生き方―。 『ザ・プラットフォーム』『ITビジネスの原理』 Amazon Kindle総合ランキング2作連続 第1位 著者 尾原和啓の最新作! マッキンゼー、リクルート、Google、TEDxからドコモ、楽 […]
Read More ›

東大から刑務所へ

0
656
0
『東大から刑務所へ』 堀江 貴文 著、井川 意高 著、箕輪厚介 編集 幻冬舎(2017/9/23)   【ホリエモン×カジノで106億円熔かした井川意高の壮絶な人生哲学のぶつかり合い】 すべてを失わなければ、辿り着けない強さがある! 大学在学中に起業したライブドアを時価総額8000億円企業にまで成長させながらも、 世間から「拝金主義者」のレッテルを貼られ逮捕された堀江貴文。 大王製紙創業 […]
Read More ›

組織の毒薬 サイバーエージェント副社長の社員にあてたコラム

0
726
0
「組織の毒薬 サイバーエージェント副社長の社員にあてたコラム」 日高 裕介 著、箕輪厚介 編集 幻冬舎 (2017/8/30)   〝落ちこぼれ〟からスタートした㈱サイバーエージェントの〝最強のNO.2〟が教える〝仕事に向かう心構え〟 「組織で働く上で才能や能力は必要ない」──3000人の社員を熱狂させた伝説の「社内向けコラム」を書籍化。起業家・藤田晋氏の懐刀としてネット産業を作り上げた […]
Read More ›

40歳が社長になる日

0
673
0
『40歳が社長になる日』 岡島悦子 著、箕輪厚介 編集 幻冬舎(2017/7/29)   変化が予測できない時代。 企業が生き残るためには、「破壊的イノベーション」を起こし「非連続の成長」をする必要がある。 この時代に求められるリーダーは、「カリスマ型」ではなく、現場優先の「羊飼い型」。 そして、テクノロジーへの知見がある「デジタルネイティブ」になってくる。 先進的な企業は、次代のリーダ […]
Read More ›

人生の勝算

0
676
0
『人生の勝算』 前田 裕二 著、箕輪厚介 編集 幻冬舎  (2017/6/30)   今、最も注目される若き起業家が生きていくための路上ライブで身につけた人生とビジネスの本質をすべて明かす―。 SNS時代を生き抜く為に必要な〝コミュニティ〟とは何か。 SNSの次の潮流である、ライブ配信サービスの最前線はどこか。 アーティスト、アイドル、モデルなどの配信が無料で視聴・応援できる。そして、誰 […]
Read More ›

多動力

0
656
0
『多動力』 堀江貴文 著、箕輪厚介 編集 幻冬舎(2017/5/27)   堀江貴文のビジネス書の決定版! ! 一つのことをコツコツとやる時代は終わった。 これからは、全てのモノがインターネットに繋がり、全産業の〝タテの壁〟が溶ける。 このかつてない時代の必須スキルが、あらゆる業界の壁を軽やかに飛び越える「多動力」だ。 第1章 1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった 第2章 バカ真面目 […]
Read More ›

危険な二人

0
619
0
『危険な二人』 見城徹 著、松浦勝人 著、箕輪厚介 編集 幻冬舎 (2017/4/11)   男だったら人生血だらけにならないと認めないという見城徹と、相手がどんな大物であっても真っ向からやり合う松浦勝人。そんな出版界と音楽界の〝危険なヒットメーカー〟が仕事やセックス、人生について語り尽くした「過激な人生のススメ」。アバウト、うわべ、その場しのぎを憎んで、正面突破すれば、仕事も人生もうま […]
Read More ›